FC2ブログ


吐息⇔タメイキ

恋愛・結婚生活・病気。 婚外恋愛あり、うつの通院記録あり、不妊治療記録あり。 独り言ばかりのブログ。
--/--/--(--) --:--:--
 
  スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

2008/04/14(月) 03:43:22
 
  哀しい恋人  

『こうして密かな闇にまぎれて 孤独を分け合った月日
どんなに強く抱きしめられても あなたのものになれない私
答えの出ない問いに疲れたわ』

『正しく生きるなんてできないわ
正直に生きるのも苦しくて
短いメールさえも途絶えてく 二人は哀しい恋人』


この曲を初めて聴いた時。
心臓が止まるかと思うほどの驚きを覚えた。
まるで自分自身がその詩を書いたかのような錯覚。
それくらい『あの時』の私の心情とその後の行動が
そこに描かれていた。
ただ違うのは彼が既婚者ではなかったということと
『生まれ変わっても めぐり逢いたい』とは思わなかったこと。

決して長くはなかった二人の時間ではあったけれど
彼は精一杯の愛情を注いでくれたのに。
あんなに好きだと言ってくれたのに。
罪の重さに耐え切れなくなったのは私の方だった。
恋人になってしまったことが苦しみを呼ぶなんて
あの頃は思いもしなかった。

独身の彼に幸せになって欲しいとか。
これ以上旦那を傷付けたくないとか。
そんな奇麗言なんかじゃなく。
ただ、自分が苦しいから逃げ出してしまっただけなんだ。

あなたは新しい幸せを見つけられた?
私はまだ暗闇の中を歩いているよ。
最後のあの日のように…。

哀しい恋人竹内まりや
スポンサーサイト
未分類 | TB(-) | CM(-) |

HOME
Copyright © 2018 吐息⇔タメイキ, All rights reserved.
  
Template by odaikomachi
Phot by A.SLASH-Natural Breeze-My new history・・・ N O I O N ・・・
Icon by Mariのいろえんぴつ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。