FC2ブログ


吐息⇔タメイキ

恋愛・結婚生活・病気。 婚外恋愛あり、うつの通院記録あり、不妊治療記録あり。 独り言ばかりのブログ。
--/--/--(--) --:--:--
 
  スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

2007/07/24(火) 16:53:42
 
  カウンセリング56回目  

20日は精神科受診の日。
1ヶ月以上診察が開くので主にそれについて話をしてきた。
体調はどうかと訊かれ、痛み止めを飲むほどではないが
相変わらず慢性的な頭痛が続いていること、
ここ1週間ほど胃腸の具合が悪いと伝えた。
「胃が痛む?」
「痛いと言うよりはむかつきとか張りとか吐き気とかです。
いつも胸焼けみたいなむかむか感があるんで食欲もないし
でもお腹は空くんで食べてもその後吐き気が来るんで
あんまり量も食べられないし…。
症状からすると胃の方かなとは思うんですけど痛みはないんです」
「…何かあった?」
先生はこちらを覗うようにそう言った。
本当はいろいろと考えることがあって心当たりはあったのだけれど
些細なことばかりなのでいちいち挙げていたらキリがない。
だから少し考えて「…いえ、別に…」とだけ答えた。
先生も少し黙った後で「それじゃあ」と口を開いた。
「胃腸薬少し飲んでおく?ガスモチンって飲んだことあったっけ?」
「ないです」
「これはむかつきや吐き気を抑える薬で
たまたまだけど胃だけじゃなく腸にも効く薬なんだ。
これ出しとくからしばらく飲んで様子見てみて」
「分かりました」

ニュースになっていたマイスリーの件について訊いてみた。
「ああ、あれね…」
やっぱりきたな、という感じで先生は話し始めた。
「マイスリーに限ったことじゃなくどんな眠剤にも言えることだけど
多少記憶が無くなったりすることはあるものなんだ。
ニュースで言われてるのはその中でも重大な事例であって
安全性が高いから服用している人が多い分
そういう事例や報告も増えるってこと。
眠剤自体が危険な薬な訳じゃないよ。
今までそういうことがあった?」
「実は何度かあります。
憶えがないのに夜中にトイレに起きてたって言われたり
寝る前にいつ携帯の電源切ったんだろうとか
寝入りばなや寝起きに話しかけられた時ちゃんと受け答えしてたって
言われるんですけど自分では全然憶えてなくて、後から
こんなこと言ってた、そんなこと聞いてない、ってことが時々…」
「それなんだよね。その時の脳はきちんと起きてて活動してるんだけど
それが記憶に定着してないから『記憶がない』ってことになるんだ。
危険な行動とか無意識に物食べたりとかはないでしょ?」
「それはないみたいです。あれば旦那が気付くと思うんで」
「それなら大丈夫。そういうことは滅多にあることじゃないから。
一番多いのは飲んでから眠るまでと夜中に目が覚めた時と
寝起きでぼーっとしてる時だね。
まさに君が言う時間帯が『脳は起きてるけど記憶に残らない』
時間帯なんだ。
確かに自分の行動を憶えてないっていうのは気持ち悪いものだし
知らないうちに何かやってるかもって多少の心配はあるだろうけど
それが命に関わるような危険なものでない限り
そんなに神経質になることはないと思うよ。
大切なのは飲んだらすぐ横になって何もしないこと。
飲んでからあれこれしてるとそういう症状が起きやすくなるから。
それこそ旦那さんがそばにいるんだから大丈夫だよ」
先生はそう言って笑顔で頷いた。

私が帰省している間の薬の処方について。
眠剤は2週間分までしか出せないので旦那には8月中に
3回来てもらわなくてはいけないのだが
次回をいつにするか、について話をした。
先生は薬を郵送する日数も考えて早めに、と言ったが
マイスリーが2週間分、トレドミン、ミオナールがそれ以上残っているが
セルシンだけがギリギリの日数分しかないと伝えると
それなら今回はマイスリーは2週間分、他は3週間分出すから
次回は2週間後でいいとのこと。
次回予約は旦那の仕事の都合も考えて土曜日の夜にしてもらった。
「日時は変更出来るからいつでも連絡して」
そう言ってくれた。
それ以降は旦那と直接話して決めてもらうことにした。

「じゃあ今月は今日で最後だね。気をつけて行って来てよ」
「ありがとうございます。あ、あの…先生」
「うん?」
2、3日前から散々迷ってやっぱりそんなばかなこと言うのは止めよう、
そう決めていたのに思わず呼びかけてしまったら
勢いで結局こんなことを言ってしまった。
「あの…しばらく来れなくなるんで、その…
先生と写真撮りたいな~なんて思っちゃったんですけど…
ダメですよね、そんなの…」
後悔しながら言葉を続けたせいか段々小声になってしまった。
先生は困った顔で「え~…写真?写真かぁ…」と呟いた。
「すいません、いいです。ダメですよね。すいません」
言わなきゃ良かった…。
「写真はねぇ…。恥ずかしいしねぇ。
僕なんて人に見せられるようなモンじゃないし」
苦笑いしながらそう言ったけれど先生は二枚目だ。
それにそもそも人に見せるつもりなんてなかった。
もし見せるとしたら母親に見せて安心させるくらいだろう。
『こんな素敵な先生に診てもらってるんだよ』って。
ただ自分の安定剤として持っていたかっただけ。
「実は昔、1回か2回はあったんだ。
治療が終わった患者さんに頼まれて一緒に写真撮ったこと。
でも治療中はね…これから恥ずかしいから、写真は止めときましょう」
そして先生は照れ笑いにも見える笑顔を見せてくれた。
嘘か本当かは知らないけれど、何と言って断れば私を傷つけずに済むか
先生なりに考えてくれたんだろう。
「変なこと言って本当にすいません…」
「いいよいいよ、こっちこそごめんね。
じゃあ気をつけて行って来てね。じゃまたね」

冷静になって考えてみた。
何に使われるか、誰に見せられるか分からない写真を
さして親しくもない患者にせがまれて簡単にOKとは言えないだろう。
まして私は転移していると分かっている患者なのだから。
もし私が仕事上だけの知り合いから同じ事を言われたら
やっぱり引くだろうし断るだろう。
先生の対応は普通だし医師としては正解だろうと思う。
こんな簡単なことを分かっていながら勢いで口にしてしまうとは。
我ながら自分を見失ってるな、と思う瞬間だった。

薬の整理も兼ねて今回の処方。
トレドミン25mg(抗うつ剤)
セルシン2mg(精神安定剤/頭痛・肩こり用)
ミオナール50mg(頭痛・肩こり用) 以上朝晩各1錠。3週間分。
マイスリー10mg(睡眠導入剤) 就寝前1錠。2週間分。
ガスモチン5mg(胃腸機能調整薬) 毎食後1錠。3週間分。
スポンサーサイト
うつとカウンセリング | TB(-) | CM(-) |

HOME
Copyright © 2018 吐息⇔タメイキ, All rights reserved.
  
Template by odaikomachi
Phot by A.SLASH-Natural Breeze-My new history・・・ N O I O N ・・・
Icon by Mariのいろえんぴつ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。