吐息⇔タメイキ

恋愛・結婚生活・病気。 婚外恋愛あり、うつの通院記録あり、不妊治療記録あり。 独り言ばかりのブログ。
--/--/--(--) --:--:--
 
  スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

2007/06/05(火) 10:36:36
 
  血圧表持参にて  

昨日は1ヶ月ぶりの神経内科へ。
前回の受診後に血圧計を買い、毎日記録をつけてそれを持って行った。
それを見て先生がまず一言。
「脈拍、速いねぇ」
確かに朝も夜も85~100/分くらいあるのだ。
続けて血圧の数値をざっと眺めて
「上は130前後で思ったほど高くないね。
ただ下が常に90超えてるからこっちの方が要注意だね」
と言いながら私の腕に血圧計のカフを巻いた。
結果は178/101。
「まあこれはここ(病院)だから高いんでしょう。
ちょっとこの表コピー取らせてもらいますね」
「あの、下の血圧が高いってのはやっぱり体重のせいですか?」
「それもあるし、血管壁が固くなってる可能性もあるね。
だから伸縮性がなくなって血流が悪くなって
それを補うために脈拍を速くして血液を送ろうと
身体が必死に働いている状態なのかもしれない。
降圧剤も脈拍を下げる薬もあるんですよ。
でも降圧剤を使うと上の血圧が下がってしまうから
下との差がなくなってもっと脈拍が上がってしまう可能性もある。
それを脈拍を下げる薬で下げるのは逆効果だし悪循環なんです。
だから薬は使いたくないんですよ。
一番手っ取り早いのは体重管理だからそれを優先しましょう。
ところでそっちの方はどう?」
「生理の時に食欲がなかったせいか2kgくらい落ちました」
「そう。その後はたくさん食べたりしてない?」
「してないです」
「いいじゃない。その調子。
ただ1ヶ月で2kg減のペースだとちょっと早いかな。
リバウンドもしやすくなるし焦らなくていいからゆっくりね。
今年中にあと3kgを目標にいきましょう。
○○kgまで落とせば下の血圧も多分劇的に下がってくるはずだから」
「20歳頃は○○kgくらいで、血圧も下は60くらいだったんです」
「でしょ?…って、なんで急に増えたの?何かあった?」
「えっと…栄養学校に行ったので食べる機会が増えたのと
卒業してから転勤でこっちに来て一人暮らしを始めて
外食が多くなってしまったせいかなと…」
「ああ、それはストレスだねぇ」
先生はきっぱりと言い切った。
「食事が変わったからってそんな急激に体重が増える訳じゃないから。
ストレスが原因でそれが食べることに向いちゃったんじゃないかな」
ストレスか。
自覚はしてなくても環境が変わったことや仕事のプレッシャーは
結構あったのかもしれない。

「で、頭痛の方はどうですか?」
この1ヶ月で頭痛薬は5回ほどしか飲んでないこと、
片頭痛の特効薬のマクサルトは1度も飲んでないことを伝えた。
「毎朝ちゃんと飲んでるんだよね?
予防薬が効いてるようだからもう少し続けてみましょう。
はい、じゃこれあげるから今つけてる表がなくなったら
これに記入して次回から持ってきてください」
そう言って血圧管理手帳にさっき測った血圧を記入して
持参した表と一緒に手渡してくれた。
「予防薬は1ヶ月分出しておくからまた1ヵ月後に来れますか?
あと痛み止めは何回分くらい残ってます?」
「確か4~5回分だと…」
「1ヶ月で4回分だと心もとないかな?」
「ちょっと不安です。
我慢出来る時は出来るだけ飲まないようにはしてるんですけど
痛み出すと続くこともあるので」
「まあ多分足りるとは思うけどね。一応10回分出しときますね。
痛い時は我慢しないで飲んでいいですよ。
痛み止め飲んだからって頭痛に負けたって訳じゃないんだから」
その言葉に少し気が楽になった。

処方は片頭痛予防薬ミグシス28日分、
痛み止めの散剤MIX10回分。
次回予約は7月2日。

病院の近くに大学がいくつかあるため帰りの地下鉄は学生だらけ。
若い男の子もたまにはいいなぁ、なんて思いながら波に飲まれて帰宅。
スポンサーサイト
頭痛・血圧管理 | TB(-) | CM(-) |

HOME
Copyright © 2018 吐息⇔タメイキ, All rights reserved.
  
Template by odaikomachi
Phot by A.SLASH-Natural Breeze-My new history・・・ N O I O N ・・・
Icon by Mariのいろえんぴつ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。