FC2ブログ


吐息⇔タメイキ

恋愛・結婚生活・病気。 婚外恋愛あり、うつの通院記録あり、不妊治療記録あり。 独り言ばかりのブログ。
--/--/--(--) --:--:--
 
  スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

2007/04/13(金) 20:36:26
 
  カウンセリング46回目  

今日は病院の日。
私はいつも予約時刻より15分くらい早めに受付を済ませる。
それでも自分の番が来るのは早くても予約時刻を30分は過ぎてから。
もうそんなことにも慣れたけれど。
受付の正面の椅子に座れば誰かの診察が終わる度に
先生の姿がここから見えるから待ち時間なんて気にならない。
そんなことで喜んでる私ってやっぱり根は楽天家(笑)
今日はたいした話はしなかった。
めまいのことは私も先生も忘れていてその話もしなかった。
「眠れてる?」と訊かれ、昨日美容院に行ったのだが
予約時間に遅れないように起きれるかとかいろいろ考えてたら
前日は2時間くらい眠れなかったと話した。
「出掛ける予定があると眠れなくなるってこと?」
「そういう訳でもないんですけど、最近は朝なかなか起きれないし
寝過ごしたらどうしようとか、余計な心配ばっかりしちゃって。
元々は目覚ましが鳴る前に目が覚めるタイプだったんですけど
今は鳴っててもなかなか起きれないし
止めたことも記憶になくてそのまままた眠っちゃったりして…。
だから午前には予定を入れないようにしてるんですけど
どうしてもって時もあるし、そういう時は気になって寝付けないです」
「普段は普通に眠りに入れるんだよね?
だったら、早く起きなきゃいけない時はマイスリーだけにしてみたら?
ロヒプノールは入眠には関係ないから。
時間がある時や眠れる時にはゆっくり眠ればいいんだし。
あんまり気にしないようにね」
「はい」

「で、これからのことは…どう?何か考えてる?」
「考えてません…」
「そっか…まあ、焦っても仕方ないしゆっくり考えていこうか。
最近は肩こりとかはどう?」
「ここしばらくはひどいこりはないです。
頭痛も徐々に減ってきました」
「じゃあ薬は変えずにこのまま続けておこうね。
そうそう、あっちの方はどうなった?婦人科の方は」
「2月の終わりに行ってからしばらく行ってません。
本当は血糖値を下げる薬を飲み続けた方がいいって言われたんですけど
もうその薬は飲みたくないんです。
行っても卵胞の様子を見て血糖値の薬をもらうだけだし
また顕微授精を勧められたりしても嫌なんで
調子が悪くなったらその時に行こうと思ってます」
「そっか…」
先生はそれ以上は何も言わなかった。
…実際には何かを言いかけて口を開いたが、言わなかった。

「じゃまた来週にしておこうね」
「はい、ありがとうございました」
そう言って診察室のドアを開けかけたところであることを思い出した。
再びドアを閉めて「すいません、先生」と振り返った。
「うん?」
「あの、『
群発頭痛』ってありますよね。
あれの予防法とかってないんでしょうか?」
「群発頭痛?予防法は…聞いたことないなぁ。誰が群発頭痛なの?」
「いえ、私なんですけど…。
頭痛薬は効かないって何かで見たんで予防法があればと思って」
「うーん…片頭痛ならうつの薬でも予防出来るんだけど…。
群発頭痛って神経内科の分野なんだ。
僕は専門じゃないからなぁ…ちょっと待って」
そう行って書棚から分厚い医学書を取り出してきて
立ったままの姿勢でパラパラとめくり調べ始めた。
座ってやってくれていいのに…。私が立ったままだからかな?
小声で独り言を呟きながら医学書の文字を指で追うその姿を見ながら
私はなんだかものすごく特別な時間をもらった気がしていた。
しばらく調べてから先生は顔を上げて言った。
「やっぱり予防法ってのは特にないみたいだねぇ。
まずはその頭痛が本当に群発頭痛なのかどうかの見極めが必要だけど。
群発頭痛ってかなりの痛みがあるんだけどどう?」
「毎年4月の終わり頃から梅雨時期まで
頭痛薬がまったく効かない眼の奥の強い痛みが続くんです。
もう何年もこの時期に起きてます」
「じゃあやっぱりそうなのかなぁ。
一度専門の病院で診てもらった方がいいと思うけど
今まで頭痛で診察受けたことはないの?」
「ここが初めてです。
両親とも頭痛持ちだし私も子供の頃からそうだったんで
体質だから仕方ないと思って諦めてましたから」
「なるほどね。
知り合いに頭痛に詳しい○○先生っているんだ。
○○クリニックっていう神経内科なんだけど
そっちで診てもらう?紹介状書いてあげるけど」
どこかで聞いたことのある病院名のような気がした。
有名な先生なのかもしれない。
「お願い出来ますか」
「うん、じゃあ紹介状は…」
先生は少し申し訳なさそうに言った。
「来週でもいいかな?もう痛みが来そうな時期?」
「今のところは大丈夫です」
「じゃあ書いておくから来週来た時にお渡ししますね。
それじゃまたね」
「よろしくお願いします」

会計がいつもより250円高かった。
領収書の内訳を見るといつもは0点の『医学管理等』が250点。
…先生、取るモノはちゃんと取ってますね(笑)
診察中に尋ねていたらタダだったのだろうか、とちょっと思ってみたり。
でも250円であの時間が過ごせたのだと思えばとってもお得かも。

処方はいつもと同じくトレドミン、ミオナール、セルシン、
マイスリー、ロヒプノール。

帰り道のペットショップでコーギーと遊んできた。
おとなしくて人懐っこくて撫でてもらうのが大好きらしい。
少し撫でてあげただけで体重を預けてきて時々私の顔を見上げる。
犬はアイコンタクトが苦手だけどこのコはじっと私の目を見てくる。
私の実家の愛犬みたいな性格のコだ。女の子だったけど。
しばし癒された。
スポンサーサイト
うつとカウンセリング | TB(-) | CM(-) |

HOME
Copyright © 2018 吐息⇔タメイキ, All rights reserved.
  
Template by odaikomachi
Phot by A.SLASH-Natural Breeze-My new history・・・ N O I O N ・・・
Icon by Mariのいろえんぴつ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。